東海大学医学部付属病院 循環器科2020-01-14T15:31:45+09:00

東海大学医学部内科学系 循環器内科

こちらは東海大学医学部内科学系 循環器内科の治療情報に特化したWebサイトになっております。

治療情報

お知らせ

ICEガイドTAVIワークショップを開催

2020年01月15日|イベント|

2019年12月11日、内頸静脈からの心腔内超音波(ICE)を使用した経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)のワークショップを行いました。初回のゲストは、大阪警察病院の循環器内科市堀泰裕先生にお越しいただきました。市堀先生は、大阪大学病院時代に本邦におけるTAVIに初期から携わっておられるTAVIのエキスパートです。議論が大いに弾み、とても実りあるワークショップとなりました。 今後も当院では、患者さんにとってより低侵襲な質の高い治療を提供してまいります。その一環としての内頸静脈ICEガイド下TAVIを今後も安全に推進していきたいと思います。ワークショップも定期的に開催予定ですので、興味ある先生は是非ご連絡ください(info@tokai-junkanki.com)。ちなみに、内頸静脈ICEガイド下TAVIのワークショップは「世界初」であったようです。 左より当院大野洋平医師、大阪警察病院市堀泰裕医師、当院中澤学医師、鳥居翔医師 [...]

ホームページリニューアルのお知らせ

2019年11月18日|お知らせ|

東海大学医学部付属病院 循環器科のホームページをリニューアルしました。 今後も東海大学医学部付属病院 循環器科にご注目いただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

循環器内科では、最先端の診療をお届けします。世界最新のCT、MRI、核医学、超音波を用いた検査が可能です。冠動脈領域では世界をリードする血管内超音波や光干渉断層(OCT)イメージング機器を用いた最先端の診療をおこなっています。カテーテル治療では、冠動脈(PCI)、末梢血管(EVT)、頸動脈(CAS)、腎動脈(PTRA)などは全国で指導的立場の医師が治療を行います。不整脈領域では心房細動に対するアブレーション、植え込み型除細動器などの治療もおこないます。さらに、レーザーによる血管形成術、カテーテルによる心房中隔欠損閉鎖、慢性血栓性肺動脈高血圧(CTEPH)の治療件数も増加しています。弁膜症に対する治療も経皮的大動脈弁置換術(TAVI)、僧帽弁クリップ治療なども日本をリードしています。世界から注目されており、海外の医師が指導を求めて見学に多く来院する、間違いなくカテーテル治療に関しては日本を代表する診療科です。また、心不全診療、心臓リハビリテーションも重点的に行っており、総合的に最先端の診療を行う科で緊急体制も整っております。循環器診療に関してお気軽にご相談ください。

循環器内科 診療科長
伊苅 裕二

教室紹介